精神障がい者文化交流会「こすもす祭」のお知らせ

2018.11.02

西諸地域精神障がい者文化交流会「こすもす祭」が行われます!!

日時:平成30年11月7日(水)午前11時~午後2時30分

場所:小林市文化会館

交流企画として、無料の喫茶コーナー(コーヒーとクッキー付き)、バザー(掘り出し物があるかも!!)、クッキーや唐揚げ、野菜などの販売を予定しています。

また、作品やパネル展示、体験コーナー(ちぎり絵や自由書道など)もあります。

えびの作業所さんの太鼓演奏、内村病院の皿井先生の講演「精神障がいを理解するために」、福祉サービス紹介や利用者さんの発表など盛りだくさん。

皆さんぜひ「こすもす祭」にお越しください。

 

自動車運転免許センターから通知があり、診断書を希望される方へ(診察の流れ)

2018.11.01

自動車運転免許センターから通知があり診断書を希望される場合の診察の流れになります。

1.電話予約(☎0984-22-2836)(午前8:20~12:00、午後1:00~5:20)をする。

 *病院に直接来院されても、当日の診察は難しいため必ず予約をしてください。

  予約の際、自動車運転免許センターから手紙が届いたことを伝えてください。

2.指定された日時に来院する。

 *来院時持参するもの

  ・保険証  ・お薬手帳  ・自動車運転免許センターから届いた書類(全て)

3.来院後、ケースワーカーより聞き取り。

 *認知機能検査を診察前に実施します。

4.医師による診察。

 *診察によりMRI検査が必要と認められた場合、他の病院での検査となるため、その病院に予約してから検査のみ受けてもらうことになります。

 *MRI検査結果は、後日当院へ郵送されてきます。そのため、当院に再診(予約日)してもらい、検査結果の説明が終了してから診断書をお渡しします。

 その他

 *認知機能の検査や運転免許証の返納の話をするため、ご家族(子供)の付き添いが必ず必要です。

スムーズな診察ができるようご協力お願いします。

初めて当院を受診される方へ(診察の流れ)

2018.11.01

初めて当院を受診の際は予約制になっております。

1.電話予約(☎0984-22-2836)(午前8:20~12:00、午後1:00~5:20)をする。

 *病院に直接来院されても、当日の診察は難しいため必ず予約をしてください。

2.指定された日時に来院する。(新患は午後からの診察になることが多いです)

 *来院時持参するもの

 ・保険証  ・お薬手帳  ・紹介状(他の病院に通院されている場合)

3.来院後、ケースワーカーより聞き取り

 *70歳以上・認知症症状のため診察希望された場合は、検査を行います。

4.医師による診断

 *内服の処方があった場合、院内薬局でお薬が処方されます。

 *紹介状を持参された場合は、返書をお渡しします。

 *診察当日に診断書を希望された場合、記載に時間を要するため、後日にお渡しすることになる場合もあります。

 その他

 *ご自身で症状や生活歴をお話しできない時(認知機能が低下している場合)は、ご家族の付き添いが必要となります。

スムーズに診察ができるようよろしくお願いします。

 

あんしんサポートセンター をご存じですか?

2018.08.23

あんしんサポートセンターとは?

お問い合わせ:0984-23ー5172


日常生活自立支援事業を行う機関になります。

「日常生活自立支援事業」とはどんな事業?


判断能力が不十分な方々の、自立をお手伝いする事業です。

  毎日の暮らしの中には色々な不安や疑問、判断に迷ってしまうことがたくさんあります。判断能力が不十分な方にとっては、福祉サービスの情報を自分で集めたり、自分に合った福祉サービスを選択したりすることは容易な事ではありません。

 また、生活に必要なお金の出し入れに困ったり、大切な書類などの保管場所を忘れてしまうことも考えられます。

 日常生活自立支援事業は、福祉サービスの利用手続きや日常的な金銭管理の手伝いを行うことにより、地域の中で安心した生活ができるよう支援する事業です。

安サポ1 安サポ2

小林市社会福祉協議会のHPより

入院中の患者様でも利用可能なサービスとなります。
金銭の管理等でお困りのことがあれば、上記お問い合わせにご連絡ください。

お盆期間中の診療日について

2018.08.06

お盆期間中の診療日については、以下の日程となります。

平成30年 8月 6日~10日 通常通り

平成30年 8月 11日~15日 休診・お盆休み

平成30年 8月 16日~17日 通常通り

※休診期間中は外来受診、事務所でのお支払等ができません。

 

ビー・バスターズ!

2018.06.28

皆様いかがお過ごしでしょうか。ますます暑くなってまいりました。

緑が溢れ、人も動物も活発になります。そこで気をつけたいのが……蜂!

当院でも職員から蜂の目撃情報が寄せられました。

ビー・バスターズ出動です! ※写真は当院の何でも屋こと相談員です。

IMG_3538 DSC_0180

蜂用のジェットスプレーで一網打尽です!

今回は通気口の近くに小さな巣を作っていました。

蜂による死亡事故は年々減少傾向ですが、毒蛇や熊の被害よりは常に多い状況です。

皆さまも野外活動時には十分気をつけて下さい。

※ 蜂の駆除については、防護服などで十分に安全を保ったうえで行いましょう。

  個人での駆除は危険が伴います。無理せず役所や専門業者に相談しましょう。

ヘルプマーク…知ってますか?

2018.06.27

最近新聞で見かけるようになったヘルプマーク。
小林市役所でも配布されています。
精神障害者の方も対象になりますので、
気になる方は市役所へお問い合わせください。
(以下宮崎県のホームページより抜粋)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/shogaifukushi/kenko/shogaisha/20180206092922.html

ヘルプマークとは

足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークで、平成24年に東京都が導入し、平成29年7月に日本工業規格(JIS)に登録され、全国的な広がりが期待されているマークです。

ヘルプマーク

どんな方がつけてるの

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方

ヘルプマークを身につけている方を見かけたら

電車・バスの中で、席をお譲りください。

見では、健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ体制を保つことが困難な方がいます。また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。

通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。

覚障がい者や聴覚障がい者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

交付手続き等

交付対象者

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方

交付窓口

  • 県障がい福祉課窓口
  • 市町村障がい福祉主管課窓口

交付手続き

象者からの申請を受け、窓口で交付

グループホーム和楽の菜園

2018.06.18

グループホーム和楽では、敷地内に小さな花壇があり、職員が持ち寄った季節ごとの花や野菜を育てています。(いつもありがとうございます)

IMG_2667

草山のように見えますが、じゃがいもです!

とても元気に生い茂っています、収穫が楽しみです。
今の時期はトマト、ナス、ゴーヤなど植えていて職員が育て方などわからない事は、さすが経験豊富で入居者の方に教わりながら、植え付け収穫を一緒に手伝って頂き楽しまれている様子です。

IMG_2655

もちろん収穫した野菜は、調理してみんなで美味しく頂きます。
私も水やり程度しか手伝えていませんが、みんなで頂くのを心待ちにしています。

院内保育所の紹介です!!

2018.06.06

当院は昭和32年創立です。当時は看護師が働きながら子供を預ける場所がないとの事で、先代が院内保育所を昭和54年に立ち上げました。

0歳から小学生までと賑やかだったそうです。

現在でも、保育士等が0歳から小学6年生までを1日10名程度預かっております。

乳児を預ける親は授乳タイムで、午前・午後に授乳に行きます。

子供が汚した洗濯物は洗ってくれています。(保育士さんに感謝。。感謝。。)もちろん紙おむつも病院で処理してくれるので本当に助かります。

また、孫も預けていいのでバーちゃん、ジーちゃん達も大助かりです。

年間行事としては、芋ほり、クリスマス会、敬老会があります。

当院に勤める職員は誰でも預けられるので、安心して働けます。

DSCN1831

 

自動車運転免許センターから通知があり、診断書を希望される方へ(診察の流れ)

2018.06.01

自動車運転免許センターから通知があり診断書を希望される場合の診察の流れになります。

1.電話予約(☎0984-22-2836)(午前8:20~12:00、午後1:00~5:20)をする。

 *病院に直接来院されても、当日の診察は難しいため必ず予約をしてください。

  予約の際、自動車運転免許センターから手紙が届いたことを伝えてください。

2.指定された日時に来院する。

 *来院時持参するもの

  ・保険証  ・お薬手帳  ・自動車運転免許センターから届いた書類(全て)

3.来院後、ケースワーカーより聞き取り。

 *認知機能検査を診察前に実施します。

4.医師による診察。

 *診察によりMRI検査が必要と認められた場合、他の病院での検査となるため、その病院に予約してから検査のみ受けてもらうことになります。

 *MRI検査結果は、後日当院へ郵送されてきます。そのため、当院に再診(予約日)してもらい、検査結果の説明が終了してから診断書をお渡しします。

 その他

 *認知機能の検査や運転免許証の返納の話をするため、ご家族(子供)の付き添いが必ず必要です。

スムーズな診察ができるようご協力お願いします。

PAGE TOP